キャンプ場でのルール?(最後にレンタルセット案内)

キャンプ場でのルール?(最後にレンタルセット案内)

僕自身決められたルールが嫌い、という事ではないけど、「なんだか堅苦しいのはイヤ。でもその分廻りに気遣って、自分よがりにはなりたくない」。な~んてカッコいい事書いてるけど、実は自分じゃ気付かない事も多い筈。先日初めての大入りの際に多くの気付きがあった。「これは段取り、整理、整備、そして上手に説明していかないと、この先楽しめない人が出てしまう!それを避ける為にもひと踏ん張り、いや、結構踏ん張らんとならん!」と。っていうか、ここまで直ぐに皆が集まってくれるとは想像してなかった。

イヤイヤ、その日に気を悪くした人はいなかったと確信してる。でも当日お客さんがもう少し増えて、僕の説明が不足して、こことは関係ないけど偶々腹の立つ事があった人がいて、そこにある怒りの火種を元に偶々そこに居る人に当たってしまったりしたら…。当たる様な火種を全てなくすのははっきり言って無理だけど、システムとして少し整理しておくと、皆が気持ちよく楽しめるんじゃないかと。そのストレスの火種、ちゃんとしっかりここで焚き上げて貰わないと!どうよ、これ?

キャンプ場以外の事(SHや貸農園、青竹工場。将来はドッグラン)も始めたけど、全てが繋がると思ってる。って事は、これでコケると、全体に影響が出ないとも限らない。少なくともイヤな思いをさせたら、いい口コミ、友達紹介は期待できない。別に盛って宣伝して貰わなくていいけど、楽しんでまた気軽に来て貰える様にはしたい。

って、いつものごとく長くなってるけど、今思ってる事だけ書いておきます。都度説明して、お仲間メンバーに徐々に浸透する様に。(今後の内容追加もありそう)

・一応緩く、サイト毎に丸太で目印しました。ランタンスタンド、薪割台としてもご利用下さい。
・敷地内、訳あってテントサイトにしづらい場所もあります。サイト目印を探して
・薪を持ってくる、買ってくるのは面倒という人向けに→「薪利用が無料」になるお仕事あります
 →竹や笹、薪用の木、枝等 をリアカーまたは軽トラで1㎞チョイ運ぶ。それなりの格好と体力必要。
 →でもその薪用の木、翌年以降のあなたが使える薪になる。竹や笹はその日の薪に。
・も少し資金できたら、リアカー増やし、仕事荷物・キャンプ道具運びも手軽に。
・やろうと思えば楽しむ苦労のネタは色々あるんで、早めに来て、また次回の段取りをイメージして。
・バイオトイレ作り、五右衛門風呂作り他、徐々にやるんで応援隊まだまだ募集します。
・メルアド、またはラインを元にイベント(「手伝って!」が多い)案内します!

偶に要望のあるレンタルについて

まだ道具は揃えてないけど、一度キャンプと焚き火やってみたい。テントも安くなってるけど、保管場所もなかなか。そんな方はまずはレンタルで。ソロ向け、グループ向け。どちらも僕が今、または過去に使っていたモノですが。。。以下の他にも色々ありますが、それは現地で。
正直、面倒があるというか、使い方伝える為に結局一緒にテントを立てて、足りないモノは提供して。イヤ、結局仕舞う時も立ち会う事になる。だから、申込あると下手に予定を入れられない!
そんな事言いつつ気立てのいい女性がいると僕も鼻の下伸ばして喜んで手伝う訳で。。。

だってそうなるとほぼ必然的にそのまま酒飲みに参加する事になる訳で、それはそれで大いに楽しめる訳です、まず先に僕が。何?そこのご一緒ダメなの?アララ、じゃぁ貸すのやめるか?(売上もあるからガマン)
だから予約時に明確にレンタル希望書いておいて。でないと遊び?仕事?バイト?の予定入れちゃう。

ソロセット  → 3,000円 +1区画1,000円=4,000円
テント(~2人向け)、冬用シュラフとマット、焚き火台、薪、着火剤となるもの。
→手ぶら+食材があれば、一応「ソロキャン」できる。更に調理をするならオプションで。

~4人グループセット → 8,500円 +2区画 =10,500円
テント(~2人向け)×2、冬用シュラフとマット4人分、4人用焚き火台、薪、着火剤

~6人グループセット → 13,000円+3区画 =16,000円 
テント(~6人向け)、冬用シュラフとマット4人分、テーブルセット、直火焚き火、焼き網大小、薪、着火剤

セットで借りる方には、自立式のハンモックも良ければ貸します。はい、無料!