焚き火とドラム缶風呂を楽しむキャンプ場【キャンプ場に関する夢+ヒロシにまつわる話も】

焚き火とドラム缶風呂を楽しむキャンプ場【キャンプ場に関する夢+ヒロシにまつわる話も】

毎度ありがとうございます!そして、2023.1月末やっと、遂にドラム缶風呂缶風呂完成!めでたし!
→料金や風呂の日(毎月第1,第3土曜)の事はそのページで。

ここを拠点に楽しんでくれる人がいる、また来てくれる。なんてのは僕の夢。まだまだ途上ですが、考えただけで楽しみです。何もありませんがそのうちいつか、理想のキャンプ場にしていきたい。
ここに来るとしたら目的は
・近くの混まないキャンプ場として、オープンスペースでゆったり里山の空気を感じる
・新しく買った道具の試し使い、BBQやピザ窯料理もやってみたい!(道具も貸すよ!)
・子供や犬などとのお試しキャンプ、女子としては「できる男か?」の見極め!
・ドラム缶風呂(とは言ってもまだ井戸水だけ)を楽しむ(オススメです!)
・昼間、大人数でピザ・BBQパーティ
「一部直火OK」の場所で、直火の醍醐味を知る・味わう!(いらない雑草を根絶やしに)
斧で薪割というのをやってみる!
・井戸水と薪で炊いたご飯を食べる!
・金魚のいる池で、手を叩けば歓迎される楽しみを味わう!(エサもやってね)
・何もない、管理不行き届きを楽しむ   こんな感じかと。

【まずは料金と条件(小銭は面倒だから税込み)
Paypay使える様になりました。って事はLineペイも!

1サイト(5×6m程度。サイト区切りは丸太で)

1人 1,000円‣泊 (泊り・デイユースとも)小・中学生は500円/人
★2人で1サイト
12月よりトイレ協力費500円/サイト 追加
例)仲間3人で予約、2サイト分の予約。料金は1,000×3人+トイレ500×2で合計4,000円。ぜひとも3サイト欲しいという場合はトイレ協力費が1500円なので合計4,500円です。(お~い、計算できるか~?)
3サイト(各1人)で予約して下さい。そうなると1,500円/人。
例2)親子4人(子供小学生2人)で2サイト利用は1,000×2人+500×2人+トイレ500円×2区画=4,000円!

★風呂の条件はそのページで!
【2時間延長、2時間前倒し】500円 但し、通常予約を優先して下さい。
  →例)泊まりの方、13時から入れるけど、そこにデイの人がいたらその方を優先して!
     同、デイの人がいなければ12時までゆったり。来たら、声掛け合って!同じキャンプ仲間。

☆ペット0円 細かく言わないけど、周りの方への配慮とマナーでお願い!
 →犬猫のおしっこ、うんち。サイトですると結構匂うよね。怖がる人がいなければ、自由に!
ペット用のサイトを作ったりした時には、それなりにいただく事になりそう。そん時は宜しく。
年間使えるキャンプサブスクの事はこちらから

【チェックイン・アウト時間について 22.10に修正】
泊まりの方】 IN 15:00 ~ OUT ~10:00 
  ★但し、前後デイの方と問題ない場合はチェックイン13時、チェックアウト12時まで可能です。
   デイの方がいる場合は、デイ優先してあげて下さい。

デイユースの方】 9時~16時  
 IN 9:00 ~ OUT ~16:00   
  ★泊まりの方がいる場合、9時まで荷物移動は遠慮して下さい。見に行くのは構いません!

背景としてはデイユースの方がボチボチいらっしゃる。そうなると決して広くない僕のキャンプ場、被ってしまう。どちらも2~3組程度ならうまくやれると思うけど、団体で利用等となると前日からの貸し切り?いや、そこまでしなくてもみんなでうまくやって欲しい。と言う事で、ベースとなる時間を変更しました。そういう時は予約管理の僕から双方に連絡しますので、お互いにご協力をお願いします。
(注)デイで使う方と泊まりの方、9~10時、15~16時被ります。何とかお互いうまくやって!
 詳しくは利用規約に。どうしても…という場合は貸し切りだね。→恐らくデイユースの方、
 前後に予約がないうちにメールでご相談下さい。

もうひとつ、敢えてペット0円としました。例えばワンちゃん、ちゃんとしていればその場を和ませてくれるんだよね。ペットも非日常を楽しんでくれて、飼い主さんのマナーがあればいい。その分、投げ銭があったりすると、期待してないけど嬉しい。僕としてはそこは良心に任せたい。でも、これもいつまでできるか断言できないのでヨロシク。

どんなところか、また条件を言葉で伝えると

・芝生・クローバー・雑草入り交じりの土エリアです。
・ソーラーの通路奥に通常サイト6区画。パネルの間に4区画。入口近くの停車場からはリアカーで荷物移動。  →ピザ窯、井戸水、トイレからは200m位離れてる!

・一部エリアを除き、焚き火は台の利用をお願いします。(レンタル品有)

・無償の木端や剪定枝と有償の木材、薪があります(引取りすれば無料の薪あり) 

・その他、キャンプ道具各種貸出可能です。が、基本的にはご自分で準備を!
 →料金表は別途有。予約申込する方、必要な方にはメールします。

・肥料となる灰・生ゴミなどは各コンポストへ。それ以外のゴミは持帰り、または有償

・近くのスーパーなどの情報は事前予約・当日現場お会いの際等に必要であれば説明します。

・周りは里山、住宅地からほんの少し離れた場所。でも裏に民家1軒あり。夏涼しく、冬は寒い

・最寄りの風呂は、我がゲストハウス(1.5㎞)、有料です。または10㎞以内にスーパー銭湯 白旗、笑顔の湯があります。(そのうちできるよ!温かいドラム缶風呂)

・ペットOK。怖がりそうな人がいる時はリード宜しく。鶏小屋に入れてもいいよ。

・雨の日、強い風の日など、逃げ場としてのゲストハウス・ライダーハウスもあります。

・事故、やはり自己責任としか言えない。敷地内で事故をおこした場合、全ては自己責任となります。

・なんでこの料金で、こんなに自由に、長く居れるの?それは色々楽しんで貰うのと同時に、色々手伝って欲しいから。利用規約の一番下、こそっと書いてるから見といて。誰でも気軽にできる。

【注意事項】(大事な事)
利用規約作りました。来る前に見といてね!

・井戸水は数年前に飲用可の検査を受けています。普段今でも私は飲んでいます。が、保証はできるものではありません。どうしてもという場合はゲストハウス…5Lペットボトル複数有、どこかで汲んで

・最大10区画まで予約受付します。予約のページより必要区画ごとの予約をお願いします。3区画以上の場合は「その他」の欄に内容記入いただければ1つの予約で結構です。

・現場常駐していません。予約により門を開け、準備します。

・僕もあなたの焚火に参加したくなる時があります。その時は、嫌でもある程度我慢して受入れる事!我慢ならん時はそれを上手に告げる事。

・連絡ないままお越しになっても、門は閉まっています。事前予約、OKの返事があってから計画実行していただくようお願いします。

注意点は以上となります!

★開店1か月で「気付いた事」を踏まえた事を書きました。こちら(キャンプ場のルール?)
☆季節イベントなどの情報も見といて欲しい。固定ページの「時事ネタ‥」こちらです。
★今年22年、次のHPリニューアルまでは徹底的にお安く、その分(僕の夢を実現させる為にも)徹底的に働いてもらうよ!少なくとも、帰る時には「来た時よりも美しく」してってね!

【キャンプ場に関する夢】

・五右衛門(ドラム缶)風呂。水風呂は準備できたから、秋以降にも使える様、お湯をどうするかという課題があります。最近はサウナも流行ってるな。それも検討!

・ツリーハウス作り。身近な人も作ってます。湿気がないからですかね、結構長持ちしているようです。夏は涼しいだろうなぁ。

・羊飼い。羊小屋を作る、というのは大体できそうですが、それよりも病気や毛刈りなど、飼い方に不 安があります。でも幼い頃に住んでいたアラビアでは、皆飼っていたなぁ。子供が管理していたなぁ。犬と一緒で、飼ってみれば単に動物。愛情持ってればなんとかなりそう。でもとりあえず頭数によっては面積が必要だな。まぁその先には、どうやって食べるか?これも知りたいね!

後半の夢を実現するには土地の拡張が必要かな?

・蓄電充電設備。これからは電気自動車が多くなるっしょ。ソーラーの土地だし、発電設備と充電設備をやろうと思う場所は決めてます。でもまだ少し早いかな、と思ってます。需要があれば、早めに準備したい。キャンプ来て、夜停めてる間に充電、って先進的、今風じゃね?

緊急募集!

グーグルマップに掲載したら、驚く程の検索数。このページも。やはり需要がある様です。それならドラム缶風呂、一刻も早く実現させたい。いづれ必ずやるんだから。どちらも多少の目隠しも必要。材料としてSH裏の竹林から大量の竹が出るので、これを使いたいと思ってる。場所も決まってるからあとは人手。面白そうと感じてくれる人、募集します。

★大宮基地(oomiya-base)の応援隊募集!その内容はこちらに。

【ヒロシにまつわる話】

ゴメン、アイキャッチとしてヒロシの名前を借りた訳じゃないけど、実は竹の話。

シェアハウスの裏の竹林整備の為にチェーンソーも買い、これから青竹を切るつもりでいた。でもその後の処理→その竹をある程度の長さに切ってベースキャンプ場に持って行って、トイレや風呂のフェンスに使おうと。駐車場の日除けに使おうと。将来のドッグランのフェンスにも。
でも、この作業なかなか時間と人手が必要。どうしたものか、これも一人でエッチラホッチラやるのかと気を重くしながら考えていた。

んで、ヒロシの番組「ぼっちキャンプ」を見てたら、丁度「竹林キャンプ」をやってた。そこで青竹を切って、それを使ってお湯を沸かしたり、米を炊いたり。ナイフで割って敷物にしたり、薪として使ったり。本人も「楽しいね」と言いながら。

確かにそうなんです。僕も昔は竹を切るとかを楽しんでた。米を炊くのも楽しめた。今はやらなくなったけど。
でも、これ、楽しんでくれる人がいるかも!いや、必ずいるって思った。テレビを見て意外な事に気付いた。

なかなかこれを有料のコンテンツにはできないけど、そうとなると都度立会いは必要かと。キャンプ場とは場所が別だし、それなりにアドバイスしないとならない。

だからある程度日を決めて竹工芸他、色んな季節のイベント案内ページを作ります。